ぼくらがCDを買う理由
2017年になっても相変わらずCDを買っている。
d0010121_09252945.jpg

レコードでも配信でもなくCDかよ(えーマジCD!?キモーイCDが許されるのは小学生までだよねーキャハハ)という女子中学生たちの声が聞こえてきますが、はい、ここからすごく乱暴なこと書きますよ。まずレコードってほら、デカイし裏返さなきゃいけないし、家で気軽に聴くにも持ち運ぶにも不便じゃないですか。その点配信は便利かもしれませんが、やっぱりどこか味気ないというか「モノ」として手元に置いておけないのがねー。

あとなんだかんだ言って僕らの世代って中学生くらいの時に黒船がやってきたようなCDショックを体験してる、CDの洗礼を浴びているのも大きいんじゃないかと思うわけです。「デジタルだから半永久に聴ける」という殺し文句(今となればそれは幻だとわかるのですが)とともにやってきた、レコードやカセットテープの「黒」ではなく「七色」に光るUFOみたいな物体。あの頃のぼくらにとってCDって圧倒的に「未来」だったんだよなー。だからそう簡単に「踏みCD」をして転ぶわけにはいかないんですよ。

当時はバンドブームがあったり個人的にも音楽をどんどん好きになってた頃で。岡村ちゃんやTM、大江千里、渡辺美里辺りがブイブイ言わせてたエピックソニーを「レーベル買い」してたのもこの頃。もちろんレコードやカセットテープもフォーマットとしては同時発売してたんだけど、イメージとしては「旧メディア」というか、もっと言ってしまうと「CDプレイヤーを持ってない人が仕方なく買ってる」みたいな感じだったんですよ。

それが変わってきたのが90年代中盤。洋楽を聴き始めて下北沢や吉祥寺のディスクユニオンやレコファン、宇田川町周辺のレコ屋に通ってた頃。どうしても「レコードをDIGるほうがかっこいい」みたいな感じになるわけですよ。おまけに都内の某レコード屋で働き始めたら周りが「レコード最高!海賊ビデオ(VHS)最高!」という人たちばかりだったので、すっかり影響されて……ということも実はあまりなく、基本的に新譜はCDで買い続けて今に至る…という感じです。

とはいえ、やっぱり「モノ」としての魅力はレコードのほうが断然上なので(正直音に関してはそこまでこだわりがない)、気に入ったものはレコードでも買い直したりしてるんですが。そもそもレコードでしか発売がなかったりする場合も多いですからね(シングルCDは日本以外では絶滅してる)。そういや近年のカセットテープのブームには驚いたけれど、さすがにMDの再ブームとかは無いよねえ。あったら本当にビックリだよなー。

というわけで前置きが異様に長くなりましたが(あくまでここまでは前置きです)、今年買ってぐっときたCDを並べてみたいと思う。

THIRD / THE CLOVERS
「HIROMIXがかつて在籍してたことでおなじみの」もしくは「東京ディスコナイトのカバーでおなじみの」ガールズバンドの超久しぶりのミニアルバム。上記にピンと来なくてもこのリード曲のイントロ聴いて胸がざわつく人も多いんじゃないでしょうか。春の訪れに花粉症じゃないのに涙が止まらない人たちにお薬の代わりにこれ出しときたい。


GANG / ZOMBIE CHANG
奥さんの電気グルーヴのアルバムと一緒にタワレコで買ったんだけど、こっち聴こうとして間違えて電気の方をプレイヤーにかけたのかと思った。それくらい1曲目から突き抜けてる。これはなんか売れちゃいそう。水曜日のカンパネラみたいに売れちゃいそう。この白雪姫をモチーフにした歌詞も水曜日のカンパネラの「桃太郎」っぽいちゃ、ぽいし。「第2の水カン」とか言われたら本人超怒りそうだけど。


COLOR LIFE / どついたるねん
底抜けに明るい悪ふざけ音楽なのにどこかものすごく切なくて、ジャンルや国籍違うけどゴーチームやジュニアシニアを聴いてる時と同じ感情が押し寄せてくる。あとメロディが超良い。強い。優勝。9枚目の本作のテーマは「グランジ」ということですが、グランジっぽさはまるでないけどたしかにあの頃のワクワクした空気が全編に流れてる。おっさんこんな気分になったの去年のフジ久アルバム以来。つか9枚目って。


STAY GOLD / NEON BUNNY
俺が大好きな韓国映画の中で発せられる韓国語の響きは「怖い、強い、エモい」感じなのに、なんで彼女が歌うとフランス語みたいに聞こえるんだろう。韓国のインディーアーティストといえば先日イ・ランが音楽賞でもらったトロフィーをそのまま授賞式の場でオークションに出して窮状を訴えたことが話題になったけど、こういう素晴らしい音楽を作る人たちは、それだけで生活できるようになってほしい。


LAST PLACE / GRANDADDY
再結成して超久しぶりのニューアルバム。解散後に出したソロアルバムもグランダディそのまんまだったけど、もちろん今作もビタイチ変わらない。同窓会だったら、なっっっんも変わんねえなーおまえって爆笑されるレベル。一度解散した理由が「バンド活動だけだと家族を養っていけない」という切ないものだったので、どうにかして死ぬほど売れて欲しいのですが、ここまで古参ガッツポーズだと新しいファンをつかむのも難しそうだな…と思ったり。そしてファンのパイが広がらない以上、また同じ道を辿るような予感がするのでお願いだから第1回以来のサマソニかフジに呼んでください。


under the sun / cinnabom
もちろん良いですよ。もちろん良いのですが…シュガープラントのニューアルバムを…!

[PR]
# by schooldeathco | 2017-03-18 09:45 | Comments(0)
1月と2月に観た映画
★★★★ 忘れられない
★★★ 面白い!
★★ ですよねー
★ これはひどい


ラ・ラ・ランド ★★★★
甘いだけじゃなく塩振りかけすぎて「このスイカもはや塩の味しかしなくない?つかナメクジ死んでない?」みたいなのが大好物なので泣きながら観た。たしかに物語は稚拙かもしれない。いや正直観てる間はまったくそんなことは感じなかった。恋をしていた。日本版のコピー通り、夢を見ていた、んだと思う。あの時違う選択をしていたら…ではなく、あの体験があるから今がある。槇原敬之も「昔は良かったねといつも口にしながら生きていくのは本当に嫌だから」と歌ってた。復帰した小沢健二は長く休んでた理由を「アウトプットばかりでインプットが足りなくなった」ってテレビで話してた。よくわかる。もちろん俺はアーティストでもなんでもない一般人なのでアウトプットの形は曲じゃなくて「誰かに少し優しくなる」とかそんなものだけれど。そうやってこの映画が誰かを少しずつ優しくしてるなら(怒り呆れてる人たちもいるけれど)、それはとても素敵なことじゃないかと真面目に思う。

オアシス スーパーソニック ★★★
毎年エッジエンドでバカみたいにドンルク合唱してるせいで俺のことをオアシスの大ファンと認識してる人も多いと思いますが、正確に言うと「1997年に3rdアルバムを出すまでの大ファン(以降はそれなりに好き)」なので、もちろん失禁しながら観ました。一応2009年に解散するまで活動してるのに97年以降を無かったかのように描く構成もすごいけど(本編ラストの96年のネブワーズ公演の「終わりの始まり」感よ)、オアシスのドキュメンタリーといえば当然描かれるであろうブラーとの確執や当時のブリットポップを取り巻く狂騒なんかも一切描かれない。逆にみんな大好き初代ドラマー・トニーのクビの顛末などはたっぷり描かれるので本当にオムツを履いてこなかったことを後悔したし、こうやってシングルのB面に名曲をぶっこんでくるような手法もオアシスにピッタリだなーと思った。

ザ・コンサルタント ★★★
少しだけ変なアクション映画かと思ってたらすごく変な映画だった。「お…おっ、おう…お?おう…」が寄せては返す波のように繰り返される前半。微熱のような面白さが続いた後にいきなり冷水ぶっかけられるクライマックス。サウナのあと水風呂に浸かって唖然としながらニヤニヤするタイプの映画でした。「世界一かっこいいケツアゴ」ことベンアフレックにアカデミー無表情顔面演技賞を捧げたい。

マグニフィセント・セブン ★★★
RPG脳なので人間を仲間にするには村の宝物を取り返すとかミッションクリアしなければならないんでしょ?とか思ってたら出会って5分で「はい、じゃあ今日から仲間ね。正直無理ゲーなんで全滅すると思うけど(笑)よろしく」とサークル勧誘のノリでいつの間にか7人集合したのは拍子抜けしたけど、この軽さは嫌いじゃない。死闘を繰り広げた後の「いやあ今日の相手ヤバかったね。ちょっと打ち上げ行く?あ、明日早いから帰る?んじゃお疲れ〜」なラストも日曜の夕方に観るにはちょうどいい。

ネオン・デーモン ★★★
TOHOシネマズ六本木で終わった後に後ろのサカナクションみたいなカップルの男の方が「わけわかめ」ってボソッと言ってたのが最高にエモかった。もしも『ドライブ』の次がこれだったら俺も正直わけわかめってたと思うけど『オンリーゴッド』のカラオケ神で充分すぎるほど免疫力をアップしていたので序盤の秘密クラブみたいな場面で「あ、今度もこっちなんだ」と切り替えて楽しむことができたのでよかった。美醜を巡るドロドロとか陰影の感じとか、「楳図かずお」度が高いのもよかった。

沈黙 サイレンス ★★
これは感想書くとバカなのがバレるので書きたくないやつだ…。神に身を捧げるどころかキチジローにすらなれない俺は、もし誰かに感想聞かれたら「終わった後の静まり返った場内の雰囲気がまさに沈黙」とか「観る人によって感想が全然変わってくる、まさに踏み絵のような作品」とかテキトーなこと答えてお茶を濁したい。

グリーンルーム ★★
パンクバンドの青春ロードムービーみたいな序盤の雰囲気は大好物。その後ネオナチの巣窟のライブハウスで興奮した観客が襲ってくる!というフロムダスクティルドーンのようなハジけた展開を期待してたら、ゴリゴリの監禁アンド籠城戦が始まるわけですよ。…え?GREEN ROOMって英語で「楽屋」っていう意味だったの?んもー早く言ってよー!あと『君が生きた証』ぶりにアントンイェルチンの歌声を聴ける!とワクワクしてたらギタリスト役でコーラスのみだったのも残念。

恋妻家宮本 ★
試写会で鑑賞。タダで観ておいてこんなこと書くのアレですが、さすがにこれは「テレビでやれテレビで」案件ですかね…。なるほど原作は「ファミレス」っていうのか…。たしかに店内はキレイで安心安全。でも味や値段はいたってフツー。最近はちょい飲みも充実してるけど、やっぱりどうせ行くなら失敗のリスクがあってもクセのある居酒屋を選びたい。いちばんビックリしたのは予告編で散々見せられた「俺は…お前が…!(電車パーン)」の直後にもう一度「俺は…お前が!(停電ドーン)」っていう場面があるんですよ、終盤に。さすがにその頃には「まあこういうのもアリかな…」って優しい気持ちになってましたが…。この三点リーダの多さから行間を汲み取っていただけると幸いです…。
[PR]
# by schooldeathco | 2017-03-13 22:23 | Comments(0)
甲府地獄飲みツアー
俺たちの正月休みはまだ終わっていないんや!というわけで、三連休の土日を使って甲府に旅行に行ってきました。

なぜ甲府なのかといえば「年に数回は当日ふらっと思い立って甲府まで飲みに行く」という西荻在住の友達夫婦が誘ってくれたからなんですよね。とにかく「甲府はヤバい」と。何がどうヤバいのか、その真相を確かめる為、おなじみ錦糸町朝7時8分発のあずさ3号に乗って甲府駅へ。

朝9時には甲府駅着。さすがにこの時間から空いてるいい感じの飲み屋はないので、甲府市内の動物園に行くことに。
d0010121_20104801.jpg


思ってたより全然ちゃんとしてる。上野動物園でも見たことのない動物がいくつかいました。

ふれあいコーナーのモルモットが膝の上でうとうと眠り出して顔がにやける。「なんでこんなに大人しいんですか?うちのモル全然慣れてくれないんですけど」「触れ合ってればだんだん慣れてきますよ」「もう5年触れ合ってるのですが…」「…(苦笑)」という奥さんと飼育員さんのやりとり笑った。

30年くらい時が止まってる遊園地という名のゲームコーナーで遊んだり、売店と食堂が併設されたようなスペースで、おでんを肴に熱燗を飲んだり、なんだかんだで2時間近く滞在してから動物園を後にする。近くにある山梨唯一の成人映画館に立ち寄りつつ、駅方面へ戻り昼食を取ることに。山梨来たら一応押さえとかなきゃねということでほうとうを注文。

それでもお目当の店の開店までまだ時間があるので、さてここからは俺のターンです。あらかじめ調べていた甲府の映画館を歩いて巡ります。
d0010121_20105076.jpg


まずはシアターセントラルBe館へ。年末からずっと観たかったオアシスのドキュメンタリー映画『スーパーソニック』のポスターが貼られていて色めき立ったのですが、残念ながら1週間後の上映開始でした。旅先でみんなでワイワイこれ観たら最高の2017年映画初めだったんだけどなあ。
d0010121_20105182.jpg


続いて甲府武蔵野シネマファイブへ。調べてみたらこないだリニューアルオープンした新宿武蔵館系列のようです。しかしこちらはすでに2011年に閉館済み。この上にあるホテルは普通に営業してるのに5年近くもこの状態って…。
d0010121_20105206.jpg


この映画館をまわる間に今夜行く飲み屋街を通ってみたのですが、こんな路地がたくさんあるんですよ。なにこの白昼夢的な風景は。まだ店は開いてないのですが、ちょっともうこの時点でヤバい匂いがプンプンする。

そんな感じでウロウロしてる間に目当の店のオープン時間が近づいてきましたよ。
d0010121_20105300.jpg


「3時オープンでまだ5分前だけど大丈夫かな?」「暖簾出てるからね行けるんじゃない?」みたいな感じでおそろおそる扉を開いたら、常連らしい人たちがもう10人くらい飲んでました。

席に着くと飲み物を聞かれて、名物の土手焼きが自動的に人数分出てくるシステム。味が染みててやわらかくて超うまかった。
d0010121_20105470.jpg


混んできたのでひとり三杯くらいずつ飲んで切り上げます。俺たちのドーミーインにチェックインして仮眠取って万全の体制で夜8時にロビー集合。再び甲府の街へ繰り出します。

友達オススメの行きたかったおでん屋が休みだったので、せっかくだから行ったことない店に行こうとネットを封印し嗅覚を頼りに入ったのがこちらの店。
d0010121_20105521.jpg


看板に「おにぎり」とか「お茶漬け」と書いてる飲み屋にどうも弱いんですよね。

うん、馬刺しがやわらかくて超美味い。なんか年取ると「やわらかい」というのが美味さのひとつの基準になってきますね。カウンターで飲んでた常連さんと話していて、「東京から飲みに来た」と言ったらとても珍しがってくれて最終的には他のお客さんや店の大将を巻き込んでお店の全員からオススメの店や観光スポットを教えてもらう大会となりました。友達によるとこれが甲府飲みの醍醐味とのこと。

その中で「スナック的なところでオススメあります?おばあさんがやってるみたいなところがいいんですけど」と聞いて教えてもらった店に行くことに。その前にドーミーインに戻り宿泊者無料サービス「夜鳴きそば」で小腹を満たします。これって本当はひと通り飲んでホテルに戻ってきた人たちに対する〆のサービスだと思うのですが、我々ほどのドーミーイン使いともなれば〆の一杯を「繋ぎの一杯」として立ち上げることもできるわけです。

そして店の大将からオススメされた店へ。「階段を登るとき不安になるけど勇気を出していけば大丈夫」と言われて想像した7倍くらい不安になる肝だめしみたいな階段をのぼってドアを開けると、ひ、広い!「スナック」という単語からは想像がつかないなにやらゴージャスな店内が眼前に広がって一瞬「失敗…?」と後悔したのですが、ここは大将を信じて入ってみることに。

中に入るとちょっとしたライブハウスより全然豪華なステージがどーんと目に入ります。どうやらお客さんがカラオケをこのステージで交互に歌うシステムのようなのですが、みなさん異様に上手い!思わず怖気付いてしまいそうだったのですが、東京代表として井上陽水、コンプレックス、斉藤由貴、森高千里などを歌い、壮絶にスベり倒してきました。そしてここでも「stay tune in 東京から飲みに来た」というサチモスな流れから店員さんや常連さんからの甲府オススメ大会に。
d0010121_20105664.jpg


その上90分飲み放題のはずが閉店まで2時間以上濃いめのウイスキーを飲み続けて追加料金もなく笑顔で送り出される甲府マジック。そして閉店ラストに常連さんが歌った「炎のたからもの」(カリオストロの城の主題歌)という選曲のエモさよ。 「場末のスナック」というリクエストとは何もかも違ったけど、この店さいこうでした!

マックス、まだまだ行くよ〜。
d0010121_20105793.jpg


というわけで、最後は昼間通ったときからどうしても入りたかったこちらの店へ。どうやら吉田類も来たみたいです。何気に自分と同じ名前の居酒屋に入るのってはじめてのような気がする。でもきっとお店の大将は「実は自分も名前えいじなんです!」っていう客を過去に700回くらいは迎えてるはず。しかも大将の名前がえいじとは限らないし単に長渕のファンという可能性もある。そうなったらこちらもこないだのFNS歌謡祭でのエキセントリックな乾杯やその後のあらびき団での庄司のミキティを面白おかしく語ってしまうだろう。最悪大将を怒らせてしまうかもしれない。

なのであえてそれだけは言わないようにしてたら、あっさり奥さんが「この人も名前えいじなんですよ〜」ってバラしてて笑った。確認したところやっぱり大将の名前えいじで漢字も俺と同じとのこと(長渕ファンかどうかは不明)。

最終的に4人とも泥のように泥酔した結果、次の日はスラムダンクの山王戦後の最終回のように力尽き何処にも寄らず東京に帰りました。わはは。でも超たのしかった。友達がしきりに言ってた「甲府に飲みに行く、って言うとなんで?って聞かれるけど言葉で説明できない。だから実際に行ってほしい」という思いが今ならすごくわかるし、同時に行く店々で「東京からわざわざ飲みに来た?なんで?」って不思議がられるのもわかる。「店員や常連客がとても親切でフレンドリー」ということはあるけれど、それ以外でたしかに甲府のヤバさを説明するのは難しい。無理に伝えようとすると外国人の日本スゴイ系番組のような歪さが出てしまう気がする。
d0010121_20201606.jpg


だから行こう。暖かくなったらまた行こう。

※ちなみに夜の1軒目に行った「手毬」という店のことをさっき検索しようとして偶然知ったのですが、映画『悪魔の手毬唄』のロケ地って甲府のすぐ近くだったんですね。こないだちょうど観直したところだったんでビックリした。てっきり岡山の方だと思ってた。さらに横溝正史館なるものまであるとか…。
[PR]
# by schooldeathco | 2017-01-09 20:48 | Comments(0)
12月に観た映画と2016年ベスト10
★★★★ 忘れられない
★★★ 面白い!
★★ ですよねー
★ これはひどい


ドント・ブリーズ ★★★
盲目の元軍人の家に強盗に押し入った若者たちが返り討ちに遭う、という普通ならザマァ案件なのですがこの軍人がまた常軌を逸したド変態という地獄の構図で観てるこちらも気持ちの置き所が分からないまま死角から角材でぶん殴られ続けるような衝撃が8分に1回くらい続く。ラストのツイストもマエケンのアンコールばりにしつこくて良い意味での「やっと終わった…」という安堵感に包まれる。疲れホラーの最高峰。

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に ★★
うーん、作中で描かれるバカ騒ぎは楽しかったけど、期待してた祭の後の切なさみたいなのは全然感じなかったなー。というか、この話が『何者』みたいに「大学卒業して社会という現実と向き合うまでを描く」ならわかるんだけど、これから入学って。大学生活始まりますって。いくら練習大変だとしても超楽しそうじゃん。ちなみに俺も何を血迷ったか大学時代は丸4年間体育会系の部に所属していたのですが、最後まで体育会系のノリにしっくりこないまま練習以外は軽音部の部室でダベったり1人でディスクユニオンや映画館に通う毎日だったので、やっぱり俺はこの映画では描かれない側の人間なんだなーと。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー ★★
予告編ではリーダー的存在を匂わせていたフォレストウィテカーさんがかなり前半の段階であんなことになり「えっ」ってなって、あーでもこれはそういう映画なんだよなと思い直したものの最後まで乗り切れませんでした。すみません。たしかにスターウォーズの「ウォーズ」部分を強調した作劇や、悲壮感や絶望からの…でもやるんだよ!な展開は燃えたけど、それを言うならもっとすごい作品は他にあるしなあ。すみません。俺が求めていたものが違うだけでスターウォーズは悪くないんです。

ガール・オン・ザ・トレイン ★★
「あの日本の火サスをハリウッドリメイク!」とか言われても信じちゃいそう。それほどゲスい話なのに鬼気迫るエイミーブラントのアル中演技とやたら美麗な撮影のおかげで、お茶の間で雑に缶チューハイ飲みながら見てるような気持ちにはならず、「映画館で映画を観てる」というテンションが持続できたのでよかった。

変態だ ★
原作みうらじゅん×監督安斎肇×主演前野健太という座組から漂う「この映画行くなんてサブカル好きな人と思われそう」感がすごい。名前が並ぶとなんか嫌だ。もしかしたら拾い物的な傑作になるかもしれないけど、きっとまあヒドいだろうなーと思ったらやっぱりヒドかった。マエケンのファンだからこそ楽しめるある意味アイドル映画。

というわけで、今年劇場で観た新作映画は54本でした。去年が57本、その前が56本なので全然意識してるわけじゃないのに完全に週1回のペースで安定してますね。たぶん映画館に行かないと何かしらの成分が足りなくなって体が欲するんだと思う。そんな中から選んだ今年のベスト10です。

次点 高慢と偏見とゾンビ
10位 怒り
9位 何者
8位 アイアムアヒーロー
7位 クリーピー 偽りの隣人
6位 ボーダーライン
5位 マジカルガール
4位 ヒメアノ〜ル
3位 レッドタートル ある島の物語
2位 この世界の片隅で
1位 イット・フォローズ


d0010121_20552975.jpg


良いお年を!
[PR]
# by schooldeathco | 2016-12-31 21:16 | Comments(0)
フジ久からげんき君が脱退した夜のこと(仮)
フジロッ久(仮)のパッションモンスターこと高橋元希のラストステージへ。下北シェルター久しぶり。僕らのアイドルがフジ久を脱退するこの日はSMAPがお茶の間に最後の歌唱姿を届けた日でもあります。おまけにジョージマイケルは死んじゃうし。なんて日だ。仕事してる場合じゃない。午後半休取って駆けつけよう。もはやこれは国民の休日。

物販で売ってた「げんきくんセット」がさいこうだったので紹介したい。
d0010121_12395786.jpg

内容は、写真集・ZINE・シール・DVD・CDR…と、まさに僕らのアイドルに相応しいファングッズが盛り沢山。これだけの制作物を残されたメンバーの藤原がほぼ自力で(しかも原価割れで)作ったというのがぐっとくる。どんだけ好きなんだよっていう。
d0010121_12512233.jpg


しかし藤原&げんき君のコンビはヒロト&マーシーみたいに、それこそフジ久の歌詞の「浜ちゃんと松ちゃんのように」30年くらい平気で続いていくと思ってたんだけどなー。なんでこんな運命みたいなバンドを辞める道を選ぶのか。その理由は本人も言葉に出来ないみたいだけど、「でも今しかない」というパッションはどうしようもなく伝わってきたから「辞めないで」とか「なんで辞めるん?」と声を掛ける気には少しもならなかった。

スウェードからバーナードバトラーが脱退した時。マニックスのリッチーが失踪したまま戻らなかった時。このバンドはこれで終わったかもしれないと思ったら両バンドともその後に「COMING UP」「EVERYTHING MUST GO」という起死回生の(やたら明るく突き抜けた)アルバムを届けてくれた。だからなんとなくフジ久も大丈夫なんじゃないかという気がしている。20年前のUKバンドを例に出すのもアレですが。いつも通り、こっちが拍子抜けするくらい「いつもの通り」眩しすぎて笑ってしまうライブを観ながらそんなことを思った。

そして今夜は渋谷エッジエンドでスクールディスコです。こちらも相次ぐメンバー(DJ&お客さん)の脱退とエッジ遠藤さんのハイプレッシャーにより、毎回がラストの危機に瀕しております。
いつまでも あると思うな スクールディスコ

あそぼう!
[PR]
# by schooldeathco | 2016-12-29 13:43 | Comments(0)