NEWTOWNに行ったら「文化祭に誰を呼んだの」(酒井美紀)が流れてきた
レコードコンビニでノエル&ギャラガーのノエル氏のDJをようやく初体験。これまで行ったコンビニDJでいちばん踊れるんじゃない?というプレイに大満足。そのままいつメンで飲みながら、勢いで「明日多摩センターで良さげなフェスあるんだけど、どう?」って誘ったら、行くって約束したじゃない。あなた約束したじゃない……

d0010121_20395397.jpg

会いたい……(ひとりでした)

しかしこれが最高のフェスだったんだよな。多摩センターでフェスといえば、去年行った全感覚祭もすごくよかったけど、今回は「元・小学校」というロケーションでもう優勝!ですよ。優勝なのに無償。つまり入場料タダ。マジかよCINRA先輩。俺もう音楽系の記事は先輩のしか読まないッス!

「学祭」って書いちゃったけど、正確には「文化祭」ですね。これは学校によって、人によって呼び方とか異なると思うのですが、俺の場合は中学高校が「文化祭」で、大学が「学祭」。そもそも自分の大学の学祭は、在学中も卒業後も行ったことがないので、思い入れもクソもないんだけど、「文化祭」は楽しかったなあ、と。思い出補正もあると思うんだけど、本番よりも準備や後夜祭の浮き足立った感じが、すごく好きだった。「文化祭」が描かれた「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」「リンダリンダリンダ」「さくらの唄」辺りの作品に与えられた影響も大いにあるような気がする。

たとえば今も何の縁もない大学の学祭にふらっと遊びに行ったりもするんだけど、やっぱりそこではビジターという立場でしかないわけで。サークルとかゼミとかで固まってワイワイしてる様子を遠巻きに微笑ましく眺めるしかないわけですよ。

その点このNEWTOWNは「大人の文化祭」でありながらも、客を全然ビジター扱いしてないというか。そもそもホームとビジターの区切りが見えないというか。言語化するのが難しいんだけど、出店側も団結というよりはものすごくバラバラで、ゆるーく連帯してたりしてなかったりするのに、全体的には不思議な統一感があるという。

フェスでありがちなウェイ系の若者はほとんど見かけなかったし、良い意味でほっといてくれるので、ぼっちでも全然寂しくないし、むしろ心地いい。あとはなんといっても「校舎」という場が発するノスタルジックな甘酸っぱさですよ。「あれ、俺この学校の卒業生だっけ」って錯覚する瞬間が何度もあった。

デーモン&ナオミのライブが無料で観れるというだけで「えっ、いいんですか?」って感じなのに、この規模のフェスが無料で開催されるって改めてすごいことだよなあ。もし来年も開催されるなら、できればどうか頑張ってこの無料の部分は残してほしい。なんかふらっと覗きに来ました、みたいな普段フェスとかには縁がなさそうな近所の子連れファミリーや老夫婦が来てる雰囲気がすごくよかったので。その代わり投げ銭でも会場で酒をいっぱい飲むでも、やりますので。

d0010121_20412641.jpg

d0010121_20415338.jpg

d0010121_20422175.jpg

d0010121_20425214.jpg

d0010121_20433625.jpg
d0010121_20445346.jpg

d0010121_20452124.jpg

d0010121_20455471.jpg

d0010121_20462638.jpg


[PR]
# by schooldeathco | 2017-11-15 21:45 | Comments(3)
NEOかわいいは正義
CHAIのアルバムがとても良くて、新幹線の中で聴いてたら旅立ちの高揚感と相まってめちゃくちゃテンションが上がってしまった。
d0010121_22154975.jpg

特に痺れたのが、アルバム冒頭からのムードが一転する4曲目「ほれちゃった」

音もビジュアルもどちらかというとエキセントリックなイメージが先行しているような気がするけれど、彼女たちの真骨頂はもしかしたらこっちのスウィート&メロウな表情の方なのかもしれない。同じく振れ幅の大きなバンド、住所不定無職もそうだった。

彼女たちのインタビューを読んでたら代表曲「さよならコンプレックス」がフェニックスの「If I Ever Feel Better」を土台にしてると話していて、ビックリすると同時に「だからこんなにグッとくるのか〜」って合点がいったのですが、この「ほれちゃった」のフィーリングなんてそれ以上じゃないですか。へえボタンを700回くらい叩きたい。

やっぱりいいわー。2000年代でベスト3に入る好きな曲だわー。完全に偶然だろうけど、フェニックスの「If I Ever Feel Better」もデビューアルバムの4曲目だったんだよな。って、こんな風に別の事柄を無理やり関連付けて意味ありげに語って悦に入るのが老害サブカルの醍醐味(醍醐味?)ですよね。

老害といえば、このブログでずっと本来の英語表記じゃなくて「さよならコンプレックス」って書き続けてるの、最初は単なる誤字だったんだけど、やっぱりこの曲の雰囲気には日本語の方があってるよなーって思って俺の中ではそういうことになってます。うん、こういうこだわりってすごくウザいよね。かつてタナソウが雑誌で「フランツファーディナンド」って書くのを読むたびに同じ気持ちだったもの。

彼女たちの発する「コンプレックスも含めて全員かわいい!」というメッセージは全体を通すとちょっと強すぎるかな…という気もしないでもないけれど、それはきっとおっさん側の視点で、カウンターパンチとしてはこれくらい強烈な方が響くんだろうな。なにより彼女たちの「NEOかわいいは正義」はとても優しい。たとえばダイノジの「あなたの好きなもの全て肯定します」とは全く違う場所から発せられてるのがすごく良いと思う。

ちなみに初回限定版のブックレットは、通常盤より600円UPでこれか…という気がしないでもないけど、彼女たちへの気持ちと思えば安すぎるくらい。というかこの時代「CDを買う」って行為自体がお布施みたいなところありますからね。あとCDをiTunesに入れたらジャンルが「electronica」って表示されてウケた。でもたしかにエレクトロニカ要素もあるんだよ!どんだけ幅広いんだと。

いずれにしても、CHAIの真価が発揮されるのはライブだと思うので、11月のワンマンでアルバム収録の新曲群を聴けるのがちょう楽しみ。

[PR]
# by schooldeathco | 2017-10-31 22:22 | Comments(0)
銭湯DJで流れた曲の出身大学は?本名は?カップは?
d0010121_15310061.jpg

墨田区の御谷湯で行われた銭湯DJに行ってきました。今度は銭湯だ!(エイリアン2)

今(エイリアン2)って注釈入れるか7秒くらい迷ったんですけど、入れない方がcoolなのはわかってるんですけど、みんなエイリアン2とかリアルタイム世代じゃないよな…って、ごめん、みんなのこと信じられなくて…ごめん!

会場の御谷湯は家から歩いて行ける大好きな銭湯。こう書くことによって「ほほう、このエイジって奴は墨田区近辺に住んでるのか」ってストーカーの血が騒ぎ出してる人もいるかもしれませんが、俺はかつて歩いて山手線を一周したこともあるほどの「徒歩力」の持ち主だということは伝えておきましょう。道が続いてる限り、どこだって徒歩圏内。

で、この御谷湯ですが、俺というより奥さんの方が常連なんですよ。もちろん昔ながらの銭湯も良いのですが、ここはなんといっても広くてキレイ。「ぬる湯」は永遠に入っていられるし、半露天風呂までありますよ。逆にサウナがないのも潔くて良い。あとカクバリズムの某バンドのメンバーが若旦那であるのもサブカル的には高ポイント。

ていうかサウナが最近の若者にブームって嘘でしょ?サウナなんて「アウトレイジ」や「ヒストリーオブバイオレンス」でも描かれてたように昔から汗という名の血を流し命を削る場所って決まってる。なーにが「ととのう」だよ馬鹿野郎!

などと、たけしの真似をしてる間に御谷湯に到着。先着でもらえる手拭いも見事ゲットです。

DJイベントはてっきり浴場か脱衣場で行われるのかと思ったら、入口すぐのロビーでした。ま、そりゃそうか。フロアの前方が踊るスペースで、後方がまったり座れる畳スペース。そしてドリンクは自販機で買うシステム。

ちなみにこの自販機ではビールやハイボールと並んでノンアルビールも販売しているのですが、前にここでアサヒのドライゼロフリーをうっかり買ってしまったことがある。飲んでみたら「クソまず…くない!こんなもんビールと…言えなくもない!」と衝撃を受けて以来、我が家にケースで常備されるようになりました。休肝日大事。「ノンアルビール飲むくらいなら小便飲んだ方がマシ」と思ってる人にこそ、飲尿健康法を試す前に一度飲んでみてほしい。

そして今日のDJは、上野萬屋のイベントでも知られるmantascool氏に、レコードコンビニでおなじみ岸野雄一氏。コンビニだろうが夏祭りだろうがクラブだろうが銭湯だろうが、全くブレない岸野さんの選曲が今日も最高にかっこいい。憧れるゥ!

最近思うんだけど、見た目だけじゃなくて声質や話し方まで実はエッジ遠藤さんに似てるんだよな。本人に言うと嫌がられそうだけど。いつか二人が並ぶところを見てみたい。

この日は特に後半の黄桜〜大関〜菊正宗〜会津ほまれの酒ソング連打が圧巻だった。会津磐梯山の「エンヤ〜!」で爆笑。あれはずるい。あとラスト近くで流れたサビで「わくわく錦糸町〜」を連呼するスクーターズみたいなやたらポップなあの曲、一体なんなんだ。すごく気になって調べてみたけど、タイトルも出身大学も本名もカップも全然わかりませんでした。誰か知ってたら教えてください。

イベント終了後、風呂が開くまで時間があったので待ちきれずに錦糸町方面へ。俺たちのタイラーメンショップから粋をハシゴして結局風呂には入らずに帰りました。

ところで風呂×音楽といえば、今年の音泉温楽のメンツが大変なことになってますね。前野健太にデデマウスといういつメンや久しぶりの柴田聡子に加えて、小島麻由美にカジヒデキに中村一義!風呂入ってないのにのぼせて鼻血出そう。


[PR]
# by schooldeathco | 2017-10-26 23:52 | Comments(0)
ロバスミ似のボーカルがいるバンドはだいたい友達
キュアーは正直そんなに熱心に聴いてたわけじゃないけど、ロバスミ似のボーカルがいるバンドは好きになってしまう。いや、「ロバスミ似のボーカルがいるから好きになる」というよりも「好きになったバンドのボーカルがたまたまロバスミ似だった」というか。どっちでもいいよ。

そんなロバスミ似のボーカルがいる大好きな2つのバンドの新譜を揃って最近買いました。

EASE MY MIND / Shout Out Louds
d0010121_22490458.jpg

まずはShout Out Louds。4年ぶり5枚目。ジャケットに貼られたシールに書かれた「A welcome return from Swedish pop masters」というコピーが頼もしい。いや、ほんとアルバム出るたびいつも思うんだけど、なんでこんなに最高なのかよ。そしてロバスミ濃度はみるみる下がってる。ていうかバンド名と音のイメージが違いすぎるんだよ。

1曲目からこれですよ。ていうか全編こんな感じですよ。ポプシクルやワナダイズもそうだったように、スウェーデンのバンドって切なさや甘酸っぱさの加減がちょうどいいんだよな。子供の頃に旅行で飲んだポンジュースの味。思えばこのバンドとの出会いは12年前のコーチェラだった。彼らの音楽を聴くとあの嘘みたいな青空を思い出す。

最新PVはなんと東京で撮影…なんだけど俺の知ってる東京の風景じゃない。不思議な空気感。この女子高生3人組の短編映画が見てみたい。アルバムには「WHITE SUZUKI」なんて曲も入ってるし、そんなに好きならまた日本にライブに来てよ〜頼むよ〜!


ROOKIE / Black Kids
d0010121_22492803.jpg

続いてロバスミ濃度はかなり濃い目のBlack Kids。なんと9年ぶり2枚目のニューアルバム。すでに今年の2月に配信限定で出てたのですが、フィジカル派なのでCDの発売を待っていました。

Black Kidsといえばなんといっても当時のインディロック系クラブで鳴りまくってたこの曲

「I'm Not Gonna Teach Boyfriend How to Dance With You」ですが、今回のアルバムの先行で発表された新曲がどこかミニマルな感じだったので「え、そっち?」と肩透かしをくらっていたら、アルバムは跳ねるリズムに激甘メロディと見事に俺たちの大好きなblack kids節が炸裂してるじゃないですか。なんなんだ。アヴァランチーズみたいなことするのやめて。


アルバム前半のこの2曲なんて映画「シングストリート」で流れててもおかしくない。ウキウキ通りをスキップしながら歩きたい。アルバム中盤から後半はこないだのLUCKY SOULにも通じる80年代ダンスポップで、やっぱり控えめに言っても最高。

ところで、検索して知ったのですが、なんとこの2つのバンドとツアーを回る「SURF ROCK IS DEAD」というバンドがいるらしく、音源聴く前からそんなの好きに決まってるって確信しています。

[PR]
# by schooldeathco | 2017-10-14 23:14 | Comments(2)
7月から9月に観た映画
★★★★ 忘れられない
★★★ 面白い!
★★ ですよねー
★ これはひどい


新感染 ファイナル・エクスプレス ★★★★
ゾンビが恋したりサメがゾンビになったりする映画はもうたくさん。俺はゾンビっぽい映画じゃなくてゾンビ映画が見たいんだよ!という気持ちに1000パーセント答えてくれてアフター(居酒屋)の酒が進む進む。「ゾンビ映画なのに泣ける」って聞いてたので、いやいやそんなの嘘でしょって身構えてたら、もうあからさまにラスト「ハイここ、ここでハイ泣く!」って監督の声が聞こえてきてむしろちょっと笑ってしまった。最高。俺の大好きな「スノーピアサー」っぽさもある。ロメロ師匠亡き後の未来を託したい。

散歩する侵略者 ★★★★
侵略者というか、どっちかというと「うる星やつら」のラムちゃんタイプの宇宙人。だいたい他の作品でも宇宙人っぽい役柄を演じることが多い松田龍平がリアル宇宙人を演じるなんで、下手したら日本映画でありがちな地雷コメディになっててもおかしくないですよ。天気予報の動きを真似する松田龍平に「美しい星」のリリーフランキーの姿が重なる。うる星やつらのエンディングに流れてた「ヘンとヘンを集めて もっとヘンにしましょう」という歌が頭の中にぐるぐる回り続ける。

ドリーム ★★★★
予告編で内容ほとんど想像ついたし、ていうか実話だし、お仕事映画ってみるときの精神状態にすごく左右されるし、日本版タイトル巡るゴタゴタもなんだかなーっていう感じで眺めてたので正直ドラマの再放送見るようなテンションで迎えたのですが、劇場出るときは「最高!夢は叶う!!!!」って気分に満たされて最高教を興したいくらい最高だったので最高だった。よく知ってる料理のはずなのに超フレッシュ。すげえよ、さわやかのハンバーグと同じ種類の感動だよ!

エル ELLE ★★★★
さわやかのハンバーグを食べるといろいろなことを考えるのに情報量に脳の処理が追いつかなくて結局「うまい」しか発せないように、この映画も言葉にしようとするほど自分が受け取ったものとはズンズン離れていくような気がするので黒猫が可愛かった。黒猫が可愛かった。さわやかのハンバーグはうまい。

ダンケルク ★★★
みなさんそろそろお気づきかと思いますが、3ヶ月ぶりに映画の感想とか書こうとしても、感想の書き方も感想も覚えてないですよ、さわやかのハンバーグに上書きされちゃってるんですよ!そしてこの映画は乱暴にいうと「ゼログラビティ」と同じタイプの映画。観た直後は「どえらいもん観てしまった…」って興奮が止まらないけど、しばらく経つと冷静になる。映画館じゃないと観る意味が無いのも一緒。もちろんそれが悪いとかじゃなくて、映画には「120分の間だけ非日常に連れて行ってくれるタイプ」と「そのあとも日常を侵食してくるタイプ」があるというだけで。恋人にしたいタイプと結婚したいタイプというか。冷静と情熱の間にあるものは何か。ストーリーもほとんど無いに等しいのにめちゃくちゃエモいのも好きだなあ、やっぱノーランだなあって思った。

ライフ ★★
おいおい、ドリームといいライブといいなんだよこのテキトーなタイトルは。しかもこっちは原題なのかよ。すごく重厚な映画かと思っちゃうじゃん。この内容にふさわしいのは「遊星からの物体X2030」とかだろ…。ところがですよ、やたら豪華なキャストとかリッチな画面の雰囲気とか、高級料亭かと思ったら生ビール160円だった、という裏モンテ的な意味でアリだと思いました。ラスト爆笑した。裏モンテはいいぞ。

エイリアン: コヴェナント ★★
というわけで、同じようなモチーフの「ライフ」を観た後なので既視感がすごい。同じモチーフもなにもこっちがオリジネーターだけど。残念ながらジャンル映画としては「ライフ」の方が振り切ってて面白かったんだよな。こっちは「アンドロイドが笛吹いて創作に目覚める」とかふざけ方(ふざけてるわけじゃないと思うけど、むしろそれが困る)が巨匠レベルで面白がれなかった。

スパイダーマン ホームカミング ★★
もしも彼女のお父さんが○○だったら…?という背筋の凍るモニタリングみたいな場面を30分くらい延々やってほしかった。「コップカー」の監督ならできたはず。夏休み映画としてもアベンジャーズ映画としても「ですよね」なんだけど、ねえ。

ワンダーウーマン ★★
やっぱり過去のDC映画は無かったことにして、ここから仕切り直した方がいいんじゃないんでしょうか、って思うくらい良かった。というかはじめてマトモだった。戦いのここぞという場面で流れるテーマ曲燃えますね。日高屋でラ餃チャセット頼む時に流したい。

怪盗グルーのミニオン大脱走 ★★
ミニヨンかわいいよミニヨン(2年ぶり2回目)

奥田民生になりたいボーイと 出会う男すべて狂わせるガール ★★
「モテキ」の頃は試金石というか、サブカルを覗いたらサブカルもまたお前を的な意味で悶絶したけど、さすがに今更そんなことはないだろとタカを括っていたら「志村けんが逆に新しい」とか言っててタイムリーすぎる。しかし出てくるキャラクターの不快指数がすごい。妻夫木聡と水原希子という完璧超人でさえあんなに延々とキスの場面を見せられたら「ちょっとあの…」ってなるので、駅の改札とかでほら、そういうことする人たちは自覚を持ってください。私からのお願いです。

三度目の殺人 ★★
これはめちゃくちゃモヤるタイプのやつや…。最初、っていうかなんで、フジテレビ映画のロゴってミニオンなんだよ!ってとこから、ずっと気持ち悪い「?」が頭をふわふわしたまま終わった。。。ぶっちゃけ是枝監督じゃなくてよかったのでは?あと市川実日子が演じるキャラ同じすぎ問題な。

ベイビー・ドライバー ★
うーんエドガーライトは個人的に当たりハズレの幅が大きいなあ。OPのジョンスペは否応なしにアガったけど、個人的にはそれがピークだった…。PV?ミュージカル?として見ればよかったのかもしれないけど。それにしたって、すごく器用に繋いではいるけど、全然グルーヴィーじゃないよ!これじゃ踊れないよ!っていう。スカしてばかりで鼻につくDJみたいな映画だった。

ジョン・ウィック:チャプター2 ★
お、おう…相変わらずダサいな…なんだろうこの恥ずかしさは。でも何もない土曜の夜に近所の映画館に観に行くには最高タイプだし「いい人なんだけど出てる作品がねえ…」と言われがちだったキアヌが久しぶりにつかんだ当たり役なので応援してるし次もきっと観に行く。

[PR]
# by schooldeathco | 2017-10-07 23:14 | Comments(0)